3.11から6年

謹啓 陽春の候 貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。
この度の東日本大震災により被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心より お祈り申し上げます。

 

thumb-12177-03107-domestic

 

皆さんこんにちは。

港区不動産ギャラリーの木村です。

 

昨日で東日本大震災から6年が経ちました。

あの日、私は偶然休みで家族と自宅にいました。

夕方から友人と夕食の約束をしていたのでそれまでテレビでも観ながら時間をつぶそうと、

コーヒーを片手にリビングまで歩いていた時の事でした。

 

今までに経験した事のない揺れで、何が起こっているかもわからないまま、

子供を守らず、コーヒーを守っていました。今考えると最低やな!w

 

揺れも収まり友人との約束の時間だったので準備しようとしたら、

妻「何してるの?」私「いや約束…」妻「バカじゃない!?」

 

はい!

バカです。w

 

その後、がっかりした気持ちで自宅でテレビを観て、事の重大さに気がつきました。

交通機関もマヒし、平日だったので会社から帰れない人々が歩いて何十キロも歩いている姿や、

東北では津波、原発、浦安では液状化などなど…

 

あの時私は自宅にいて、いつもより強い地震だな〜くらいで、

恐怖感などはありませんでしたが、津波被害にあった方々の事を考えると胸が痛みます。

もし家族が、もし友人が、っと考えると恐ろしいです。

 

地震に耐えられたとしても、津波が来てしまったら関東はどうなってしまうんでしょう?

私も割と海に近い場所に住んでいるので怖いです。

 

首都直下型地震が発生した場合、東京湾にも津波は来ると予想されております。

予想では2mだとか3mだとか言ってますがそんなの起こってみないと誰もわかりません。

海から数十キロ離れているからといって安心しないでください。

重要なのは海面から自分が住んでいる場所の高さ、なんだそうです。

 

都心には海面よりも低い場所もあり、それを0m地帯というそうです。

ちなみにマイナスの場所もあります。

 

そこで今自分が住んでいる場所が海面からどのくらいの高さにあるか

確認できるマップがありましたので確認してみるといいと思います。

http://flood.firetree.net/

 

また心配なのが河川沿いに建っている住宅街。

 

08_103_b

 

この川に、一気に津波が押し寄せ、溢れたらどうなるかはわかると思います。

 

地震が起きなければいいのですが、地震は必ず起こります。

自分の身は自分で守りましょう!

 

それではまた来週。