TRAPPIST-1

みなさんこんにちは。

港区不動産ギャラリーの木村です。

 

みなさんご存知かと思いますが、2月22日にNASAが衝撃的な発表をしましたね。

小さい頃、学校で習ったように我々が知っている太陽系以外の場所、39光年先に7つの惑星を発見したと…

びっくり!

 

【我々が知っている太陽系】

12300156_5865403a74d02

 

【今回発見された太陽系外惑星】

 

左の大きな「TRAPPIST-1」をぐるぐる回っているb〜hの惑星。

どれも地球と似た大きさで、この中の3つの惑星が地球と非常に似ていて、水も存在する可能性があるとか…

そもそも39光年って言われてもピンとこないですよね…

 

ちょっと調べてみると、光年とは、月から地球まで2秒もかからない光が1年間で進む単位のこと。

ということは光の速さで39年かかるってことになりますね…笑

月から地球まで2秒もかからないその光でも39年かかるんですよ!

いや〜びっくり!

 

よくそんなはるか遠い場所の惑星を探せたな〜って関心!

さすがNASAですね。

3回生まれ変われたら行けるかな〜??

 

 

でもこれまで宇宙人は「いる?」「いない?」「信じる?」「信じない?」の時代でしたが、

この発見から「いつ発見できるか…」になったと言ってもおかしくないですね。

時間の問題ですね。

 

そもそも地球がどうやって出来たか知ってますか?

この動画おすすめです。

 

こんな広い宇宙で、小さな地球が出来て、長〜い時間をかけて、宇宙からすると豆のような我々がいる。

TRAPPIST-1が最近出来た惑星であれば地球外生命体の存在は難しいかもしれませんが、もし地球と同じ歳だったとしたら、

いない方が不思議ではないでしょうか?

 

もう地球外生命体の存在を否定出来ませんね。

 

それではまた来週。