外国人労働者100万人

みなさんこんにちは。

港区不動産ギャラリーの木村です。

数週間前の新聞記事で、外国人労働者が初の100万人!という記事がありましたね。

5bb46c269e16cbd701986f2f0541bd73

増えているのは観光客だけではありません!

これから日本の人口がどんどん減っていく中で、これは素晴らしい事だと私は思います。

今後も外国人労働者が増え続けるなか、日本はまだ外国人の受け入れ態勢が不十分です。

特に住まい!日本の不動産には独特なものがあります。「礼金」がいい例だと思います。これは日本だけです。

戦後まもない頃は、家よりも人が断然多かったので、お家がない人が多く「お家を貸してくれてありがとう」と

大家さんにお金を渡していた文化が今でも残っているわけですが、今の時代に必要ですか?

このご時世家の方が余ってます。これからもっと空室が増える時代です。大げさかもしれませんが、

今度は逆に大家さんが、「借りてくれてありがとう」と「逆礼金」と言うワードがあってもおかしくない時代だと思います。

英語で契約書を作成し、英語で説明してくれる不動産会社なんて今あっても数社、

外国人の受け入れが出来ない物件がまだ多く存在することも事実。

まだまだクリアしていかないといけないことが山ほどあります。

外国人の方々が安心して日本で暮らせるように、私も不動産業界の一員として真剣に考えていきたいと思います。